年収300万円(男性)で婚活しても結婚できないって本当?

年収300万円(男性)で婚活しても結婚できないって本当? 婚活初心者ガイド

「婚活をしたいけど、年収は300万円・・・。」
自分の低収入を嘆き、婚活を始められないという男性はいませんか?
でも、大丈夫! たとえ世間一般から見て低収入だったとしても、素敵な出会いや幸せな結婚をしている人はたくさんいます。
今回は、低収入でも婚活ができるのか不安だという男性に向けて、よくある疑問や不安を解消していきます。

婚活市場では、年収=男の価値。年収が低いとモテない?

婚活市場では、年収=男の価値。年収が低いとモテない?
婚活市場では、年収は男性の価値と比例するため、高収入だとモテます。
男性が婚活パーティーで「かわいい」とか「スタイルがいい」など外見のいい女性ばかりに惹かれがちであることに対し、女性は、結婚後の生活のことも考えてお相手選びをする人が多く、比較的冷静です。
では、低収入では婚活を始めることが本当にできないのでしょうか。

若いうちなら低収入でも十分可能

低年収とは、一般的に年収が300万円以下の人のことを指します。
平成30年の国税庁の調査によると、給与所得者の平均年収は441万円となっており、20代男性ではほとんどの人が年収300万円台です。
新卒の初年度の平均年収は250万円くらいなので、20代や30代の若い年代では、年収が300万円というのは珍しくはありません。
むしろ、フリーターや無職では年間で300万円を稼ぐのは難しく、定職についているからこその収入であると考えると、全く気にしなくていいでしょう。

40代以上の年収300万円は厳しい

若い年代であれば、年収300万円でも十分婚活できます。しかし、40代以降となれば少し厳しいかもしれません。
たとえば、出会った女性が子どもを望んだ場合、子供一人を育てるためには最低でも500万円は必要だといわれてます。ですから、奥さんにもある程度の収入がないと、教育に十分なお金をかけられないでしょう。
さらに、どちらか一方が育児休暇を取得した場合や体調を崩して仕事ができなくなった場合など、家庭の収入が大きく減るリスクへの不安も拭いきれません。
女性にとって不安要素が多いため、婚活では不利になります。

婚活で年収は書かなくてはいけないの?

一般的に、結婚相談所や婚活アプリなど会費が必要なサービスでは、登録の際に身分証明書のほかに収入を証明するものの提出が必要です。また、その年収を裏付けるために、資格の免許証や証書、学歴や勤務先を証明するものの提出を求められることもあります。

無料登録で参加できる婚活パーティーでは、男性の年収はほぼ自己申告です。
婚活パーティーが始まる前に記入するプロフィールシートには年収を書く欄があります。これは、必ず埋めなくてはいけないものではありません。

しかし、この欄に年収を記載しないと、「相当年収が低いのかな」とか「安定していないのかな」など、女性を警戒させることになるので埋めた方がいいでしょう。

年収は、正直に書くことが一番です。
見栄を張って多く書いたり、高収入なのにあえて低く書く人がいますが、お付き合いが始まってウソがばれた時、女性に不信感を抱かせてしまうことになるので気を付けてくださいね。

女性には、収入の規定はありません。
「看護師限定」、「保育士限定」など、職業を限定して参加者を集めるパーティーはありますが、「年収●●以上」など収入に関するものはないので、幅広く婚活をすることができます。

婚活女性が「年収以外」で男性に求めるものとは?

婚活女性が「年収以外」で男性に求めるものとは?
婚活中の女性にとって、男性の年収は大切なポイントですが、それだけではありません。
婚活中の女性がチェックしている「年収以外」の重視ポイントについてピックアップしました。

相性がいいかどうか

いくら年収が高くても、相性が悪ければ一緒に暮らすことはできません。
「自分をさらけ出せるか」とか「一緒にいて楽しいか」ということは、女性にとって最重要事項です。
男性の年収以上に、相手との相性や居心地の良さを重視します。

人柄

実は、男性の経済力は、結婚相手選びの最終的な決め手とはなりません。女性にとって、男性の年収がものすごく低くても、「人として尊敬できるところ」とか「その人にしかない魅力」があれば、それでいいのです。
人への優しさや思いやりの気持ちがあるかなど、「人柄の良さ」こそ女性が求めている条件です。

貯金や資産

たとえ年収が低くても、貯金や不動産などの資産のある人は、女性にとって魅力的です。
しっかり資産を形成している男性は「しっかりしている人なんだな」と、信頼につながるでしょう。

安定した職業

時代の変化に負けない安定した職業の代表といえば、公務員や医師などの国家資格が必要な職業です。
大企業に勤めているからといって安心することができない昨今、「何が起きるかわからない」という危機意識から、安定した職業の男性を求める傾向が強くなっています。

転職に役立つ資格

年収が低くても資格を多く持っていれば、それが婚活の強みになります。
IT系エンジニアや介護系、医療系など、ニーズが高く転職にも有利な資格を持っている人は、たとえ年収が低くてもそれがカバーされ、印象アップとなるでしょう。

年収300万で結婚は可能?生活をシミュレーションしてみよう

年収300万で結婚は可能?生活をシミュレーションしてみよう
年収300万円で結婚することは可能なのでしょうか。
男性が稼ぎ、女性が専業主婦になると仮定して、年収300万円(貯金なしの場合)の夫婦の暮らしをシミュレーションしてみましょう。

月収は約20万円

年収300万円の場合、手取りは約240万円、月々の収入は約20万円となります。
生活するには、住居費、光熱費、食費などさまざまなコストがかかります。一人暮らしであれば多少余裕をもって生活できるかもしれませんが、夫婦二人、さらに子供が増えたことのことを考えると、月に20万円の収入では、生活するだけでいっぱいいっぱいとなってしまうでしょう。
また、たとえば家電が壊れたとか大病を患って入院したなど、不意に大きな出費が必要になった時には、貯蓄がなければ困ったことになります。

高額ローンが難しい

住宅は、土地付き一戸建ての場合の全国平均が4,200万円ほどだといわれています。
多くの人は、数千万円の住宅ローンを組んで家を購入しますが、年収300万円だと、支払い能力に不安があると判断されやすいため、審査に通りにくいというのが現実です。
また、住宅ローンや車のローン、教育ローンなど、将来複数のローンが必要になった時、これも難しいでしょう。
日々節約してしっかり貯蓄をしておかないと、物質的に充実した生活は難しいかもしれません。

【結論】結婚は共働きを前提に

年収300万円の男性が結婚するなら、共働きが前提となるでしょう。
住居費や生活費を徹底的に抑え、質素倹約を心がければ、暮らせない年収ではありません。しかし、夫婦となり子供ができて家族が増えた時のことを考えると、自分一人の収入では不安が多く、満足のいく暮らしとはならないかもしれません。

年収300万男性が結婚のためにできること

年収300万男性が結婚のためにできること
年収300万円の男性が結婚したいと思った時、そのための準備できることをご紹介します。
婚活を始めたばかりの人は、必見です。

共働きOKな女性を探す

気になる女性を見つけたら、その人が共働きOKであるかどうかを確認しましょう。
「結婚したら専業主婦になりたい」という女性であれば、年収300万円の男性には重荷になる可能性が高いです。

社会的にニーズ高い職業の女性を探す

安定した収入を得られる、社会的ニーズの高い職業に限定して結婚相手を探すというのもおすすめです。
たとえば、看護師などの医療系、保育士や介護士などは、出産や育児で一時的に仕事を離れても、すぐに復帰しやすい職業です。
また、男性が転勤や転職をすることになり、女性が新たに仕事を探さなければいけない状況でも、比較的仕事が見つかりやすいでしょう。
女性に安定した収入があると精神的に楽になり、夫婦関係も良好になります。

独身のうちに貯金をしておく

お金があるとつい浪費してしまうという人は、ぜひ意識を変えましょう。
しっかりした金銭感覚は、生活を営んでいく上でとても重要です。結婚の時やその後の生活には、思っている以上にたくさんのお金がかかりますが、必要な時になって「お金がない!」と焦っても手遅れ。夫婦喧嘩の原因にもなりかねません。
少しでも貯められる余裕のある独身のうちに、ぜひ自分の貯金を増やしておいてくださいね。

高収入を目指しての転職もあり!

年収300万円ということに引け目を感じているなら、年収の高い会社に転職するというのもありです。
転職するなら、身軽に動ける独身のうちの方がおすすめ。結婚後の転職は、女性を不安にさせることになり、うまくいけばいいのですが、うまくいかなかった時には、最悪の場合離婚に至ることもあります。
結婚という人生の大切な節目を迎える前に、まずは転職をして収入基盤を固く大きなものにしておきましょう。

おわりに ~年収300万円でも婚活は可能~

年収300万円の低収入がネックだという人も、婚活は十分に可能です。
結婚にはお金も大切ですが、何より2人の相性の良さが重要です。女性が結婚相手を選ぶ時に最も重視するのが人柄やフィーリングが合うかどうかで、男性の収入だけが決め手になるわけではありません。

ただ、経済力があるに越したことはありません。ですから、貯金をしたり資格を取ったり、自分に付加価値をつけておきましょう。
「年収が低いと結婚相手を探すことはできない?」なんて、そんなことはありません。
積極的にお見合いや婚活パーティーに参加してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました