婚活パーティー カップリング後

エリー
エリー
婚活パーティーでカップリングできたのはいいものの、この後どうやって関係を進展させていいのか分からないみなさん。

「婚活パーティーでのカップリング=交際開始」ではありません。

むしろ、彼女に正式なアプローチができる権利を得たスタート地点です。せっかくマッチングできたんですから、この機会をムダにする地雷行為は絶対やめたいところ!

そこで今回は婚活パーティー直後のアプローチ方法から、交際開始までにやるべきこと・気をつけることをお伝えしたいと思います。LINEやデートの参考にしてください。

カップリングしたらすぐ実行すること

カップリングした直後にやるべきことは、LINEでデートの約束を取り付けることです。そうはいっても、相手からLINEの返信をもらえなかったり、そもそも連絡先を交換できなかったりして躓く男性も多いかと思います。これさえ気をつければ大失敗はしない! という、デートの誘い方手順をご紹介します。

① 婚活パーティー中に軽くお誘いする

まず重要なのが婚活パーティー中に軽くデートに誘うこと。「ビールお好きなんですか? 渋谷にクラフトビールの豊富なお店があるんで、今度行きましょう〜」とか。相手の趣味に合わせた誘いで、なおかつここでは具体的な日程を決めず、社交辞令っぽい雰囲気を出すのがミソです! これなら相手への好意を軽く伝えられるけど重すぎません。

② LINEを交換する

猫も杓子もLINE交換。連絡先を知らなれば何も始まりません。カップリングできたら、ぜひ男性からスマートに「LINE教えてください」と言いましょう。電話番号を教えるのは渋る女性が多いですが、LINEなら「嫌ならブロックすればいいし……」と考えているので、ほとんどの人が教えてくれるはずです。必要なのはわずかな勇気!それだけです。

③ 行けそうなら二次会に行く

LINE交換後、もし行けそうならそのまま二次会に誘ってもいいです。お昼なら「これから1時間ぐらいお茶しませんか?」、夜なら「このあと一杯だけ飲みに行きませんか?」です。婚活パーティー後は疲れているので、あまり時間がかからなそうな二次会がいいですね。そこでもし断られたら潔く諦めて「じゃあ、またの機会にしましょう」と爽やかに笑ってください。好感度バツグン!

④ お礼LINEでデートに誘う

婚活パーティーから帰宅したら、その日のうちにお礼LINEをしましょう。これは必須! タコ焼きのタコぐらいデフォルトだと胸に刻んでください。そのときのLINEで意識すべきことは、『紳士・簡潔・プレシャス(貴重さ)』です。

田中
田中
こんばんは!

ベルギービールのお話をした田中です。今日はお会いできて嬉しかったです(ニコニコ絵文字)

渋谷のクラフトビール専門店、来週末にいかがですか?

というように、相手への敬意を示した紳士さで、デートの内容を簡潔に伝え、なおかつそのデート内容が相手にとってプレシャス(貴重なもの)であることが大切! 婚活パーティー中に話していた内容なら、なおさら相手もイメージがしやすいですね。日程も具体的に提示できると、女性がスケジュールを考える手間がなくて返信をしやすくなります。

⑤ 返事が来なかったら諦める

この手順を踏んで、もしLINEの返事が来なかったら……。そのときは縁がなかっただけなので、諦めましょう。他に気になる男性ができたり、お誘いにピンとこなかったり、仕事が忙しかったり、さまざまな要因が考えられます。返事がないことが返事である、と考えて次にいきましょう!

最初のデートで意識すべきこと

婚活パーティー カップリング後

そしてめでたく!デートの約束ができたなら、次は以下のことを意識しましょう。きっと楽しいデートになるはずです!

① デート場所は相手の好みに合わせる

まずデート場所は彼女の趣味に合わせましょう。ワインが好きならおしゃれなダイニングバー、スポーツ好きなら野球観戦、スイーツ好きなら下北沢のカフェなど。いずれにしても初回から丸一日かけたデートをするのは避けましょう。お互いに気を遣いすぎない2、3時間で終わるデートがいいですね。

② お店はちゃんと予約をする

最低限、これだけは守ってほしい! そう切に願うのは、お店の予約をすること。女性は「すでに予約されていて当たり前」と考えている人が多いので、お店の予約がされていなかっただけでマイナス5億点ぐらいの査定をしてしまいます。笑顔の裏で「え? お店を予約してないってどういうこと? 人気だって分かってたよね? 満席だったらどうするつもり? 今日のデート楽しみじゃなかったの? 私のこと軽く見てる?」ぐらいに逡巡してしまうので、相手への敬意を伝える意味でもしっかり予約してください。

③ 髪やヒゲを整え、爪を切り、歯を磨き、身だしなみに気をつける

男性は女性よりも身だしなみを指摘される機会が少ないので「俺、だらしない?」と自覚しづらいのですが、身だしなみは整えれば整えるほどいいです。髪やヒゲは清潔感のある形に整え、爪は短く切り揃える。さらにコーヒーやタバコを愛する人なら口臭も気を遣うといいですね。デート前に歯を磨いたり、マウスウォッシュを使いましょう。

iHerbで買える「TheraBreath」はニンニク臭すら無に帰す最強マウスウォッシュなのでかなりオススメです。

④ 女性の話を多めに聞く

実際にデート当日になったら、とにかく女性の話を多く聞きましょう。「今日は俺が笑かしたるで!」と意気込むのはとても良いのですが、会話があなたの話中心になると女性が退屈してしまいます。明石家さんまさんレベルならまだしも……というか、さんまさんも相手の話を深掘りしつつ笑いどころを作ってますよね。アレが理想のコミュニケーションです。人間は基本的に話したがりです。口下手な人もアウトプットが苦手なだけなので、原則は自分の話を聞いてくれる相手を求めていると言えます。女性の話すターンを増やしてあげたほうが相手の満足度が上がるので、ぜひデート中は質問多めで相手を深掘りしてあげてください。

⑤ 初回デートはできれば奢る

奢る奢らない問題はよくネットで炎上しがちですが、女性に好印象を与えたいなら「奢る」一択だと思います。女性によっては「いえ、ここはワリカンで!」と譲らない方もいると思うので必ず奢る必要はありませんが、少なくとも「自分は奢りたいと思っているし、それぐらい楽しい時間でした」と伝えることが大切。女性にとって大切なのはお金じゃなく、奢るぐらいの価値を感じられているかどうかなんです。まあいきなり2万のコース料理を払えって言われたら怯むので、お金も大事ですけど……。でもそれよりやっぱり気持ちですね。だから、自分が奢っても問題ない価格帯のお店でデートをするのも大事なポイントです。高級店が良いとは限らないので、身の丈に合った楽しいデートにしましょう。

⑥ 次回デートの内容を軽く決める

デートが良い雰囲気で盛り上がり、あなたも彼女とまた会いたいなと思えるなら「次は水族館もいいですね」など、またデートをしたい意向を伝えましょう。お互いの気持ちが分からないのは彼女も一緒なので、あなたのほうからまた会いたい旨を伝えてもらえれば安心するはずです。LINEでデート内容を決めるのは時間がかかるので、デート中に次のデートの内容までおおまかに決められると誘いやすいですね。

⑦ デート後にお礼LINE

デートが終わったら、またお礼LINEをしましょう。「次は池袋の水族館ですね〜」など、次回のデートを匂わせつつ、当日は具体的な日程を詰めなくて良いと思います。2、3日したら改めて「水族館ですが、14日か17日はどうですか?」などとお誘いしてみてください。そこで返事が何日も来ないようなら脈ナシなので、すっぱり諦めて次にいきましょう。

交際までに気をつけること

初回デートがうまくいって、何度かデートを重ねられる関係になったら、今度は以下のことに気をつけましょう。交際までもう少しです!

① 決断する期限を決めておくこと

相手への気持ちが自分でも分からないなら、お互いの時間をムダにすることがないよう、自分の中で決断の期限を決めておくといいでしょう。「デート3回までで彼女と交際したいか判断する」「今年の7月までに判断する」とか。決め手を待ってズルズルとデートを続けるのは相手にも失礼なので、期限内に見極める気持ちで挑んでください。

② 交際したい意向は早めに伝える

逆に「この子と付き合いたい!」とすでに思っているなら、なるべく早く気持ちを伝えるべきです。「せめてデートは3回しないと……」などの謎ルールに縛られていると、ほかの男性にかっさらわれてしまいます。告白は初回デートでしてもいいぐらいです。ただ、相当お互いに運命を感じていない限り、女性は交際を渋ると思います。「悪い人じゃないけど、まだどんな人か分からないし……」など、相手が迷っていたらむしろチャンスです。自分の好意はしっかり伝えた上で「あと2回デートしてから考えてくれないかな?」と猶予を与えましょう。

女性はあなたの好意を知った上で、自分の気持ちと向き合えばいいだけなので、婚活でよくある「あと何回デートすればいいの? この人は私をどう思ってるの?」と悩むストレスから逃れられます。

③ デートや連絡頻度は相手に合わせる

デートや連絡の頻度は人によって好みが分かれます。一日中LINEで雑談をしていたい人もいれば、用があるときだけLINEしたい人もいます。またお相手の仕事が忙しくて中々デートの時間が取れないかもしれません。これも相手に直接聞いてみるといいですね。

④ デートのシチュエーションを変える

デートを重ねる際は、その回ごとにデートの種類を変えると、よりお互いのことを知ることができます。例えば初回が日本酒専門店だったら、2回目はカフェデート、3回目は上野動物園からの立ち飲み屋、など。お酒を飲むか飲まないか、昼か夜か、数時間か丸一日か、シチュエーションを変えて会うことで、できるだけ相手の多くの面を見られるようにしましょう。ちなみに映画デートは定番ですが2時間ずっと無言で二人で会話する時間が短いので、丸一日のデート中に入れるか、交際後のデートにするといいと思います。

相手と合わないと感じたらお断りを

そうして相手とデートを重ねた結果「あれ? なんか思ってた子と違うな、合わないかも」と感じたとき。そのときは相手にお断りの旨を伝えなければなりません。カドが立ちにくい言い回しとしては「マリさんはオシャレで素敵な方ですが、僕は毎日同じ服でも良い人間なので、呆れさせてしまうと思います。今後はぜひお友達として仲良くしましょう」や、「あなたは素敵な方だけど、ほかに気になる女性ができてしまって……」などでしょうか。相手の人間性を否定したことにならないよう気をつけたいですね。

交際まではマッチングサイトとの併用もあり

特定の彼女ができるまでは、並行してほかの女性と出会うといいでしょう。もちろん、だれかと交際が始まったらほかの女性はスッパリ切ってくださいね!可能性を広げる意味でいうと、婚活パーティーだけでなくマッチングサイトも活用すると出会える女性の幅が広がります。マッチングサイトを使う利点は、多くの会員の中から、好みの条件で相手を選べること。好みの女性と効率的に出会いたいならマッチングサイトも向いているかもしれません。ただ、登録者が多い分、やり取りするメッセージの量も増えていきますし、実際に会うことのできるまでの道のりも意外と長いです。また宗教やマルチの勧誘目的で登録している人もいますし、写真が詐欺レベルで盛っている場合もあるので、実際に会ってみないと人となりが分からないリスクもあります。信頼できる相手かどうか、メッセージを重ねて判断してくださいね。

カップリング後から交際までのまとめ

交際に発展させるためには、相手の趣味嗜好をヒアリングして、相手に合ったデートプランを提案する。お互いのことをたくさん話して、理解を深める。出会いが婚活パーティーじゃなくても、当たり前のことですよね。しかし、婚活パーティーで出会うメリットは「お互いに結婚の意思があると分かっていること」だと思います。結婚相手を求める場所でカップリングして、デートを重ねているのだから、普通に出会って付き合うよりもお互いの目的が明確です。女子会の恋バナでよくあるテーマは「彼氏に結婚する気があるのかよく分からない」ですから。

そこはショートカットできているので、あとはもう二人で直接会ってたくさん話して、結婚に向けて一緒に歩き出せる相手かどうかを考えればよいと思います!