自然が好き、体を動かすことが好き。今回は、アウトドア好きの女性におすすめしたい登山婚活をご紹介します。

山コンや登山コン、トレッキングコンなどと呼ばれる趣味コンのひとつで、文字通り登山を出会いのきっかけにする婚活です。体験型の婚活イベントなので、いわゆる回転ずし形式や個室形式の婚活パーティーとは違った雰囲気を味わえます。登山という趣味やアウトドア好きなどの共通点があれば、男性との距離を縮めやすいので結婚相手と出会うにはうってつけの場といえます。

また、大自然の景色を楽しみながら、険しい道中をともにすることで、普段は知ることのできない男性の一面を知ることもできるんです。

登山初心者でも参加できる!

トレッキングしている女性
登山婚活といっても、普段から山歩きを趣味にしている人しか参加できないわけではありません。山コンで登る山のレベルはイベントによってさまざまですが、初心者でも歩けるコースで開催されるイベントもあります 。また、山岳ガイドが同行することもあるので、未経験でも不安に思う必要はありません。

そのため、登山好きはもちろん、これから登山にチャレンジしたい方、スポーツが好きで体験型の婚活イベントにしたい方も参加できます。ただし、体力にまったく自信がない女性がいきなり山コンに参加すると息切れしてしまって、道中の会話を楽しめない可能性もあるので、興味がある方は少しでも体を動かしておくといいですね。

山コンの当日の流れの一例を紹介します。受付を済ませて、トレッキングスタート。トイレ休憩をはさみながら山頂を目指します。この間にすべての異性と話すことができ、山頂到着後のフリートークタイムで連絡先を交換します。およそ2時間程なので、1対1の会話が数分で終わってしまう一般的な婚活パーティーよりも話す時間をゆっくり確保できます。そのため、初対面の男性でも合う合わないを判断しやすいといえます。

非日常的な空間で会話が弾み、異性との距離を縮めやすい

トレッキングで後ろを歩いている女性の手をひこうとしている男性

山登りは、自然の中を歩くという非日常的な状況です。そのため、プロフィールを見て何を質問しようか頭を悩ませる婚活パーティーと違い、話題のきっかけをつかみやすいです。「空気がおいしいですね」「紅葉がきれいですね」など、些細なことから会話をスタートできるので、人見知りで緊張する人でも落ち着いて異性と会話ができます。

また、山を登るという体験をともにすることで、参加者同士に仲間意識が生まれやすいです。頂上を目指すうえで、グループで和気あいあいとした雰囲気がつくれるので、最初から1対1のコミュニケーションは苦手という人でも自然と会話の輪に入ることができます。そのため、普段の婚活パーティーよりも連絡先の交換がしやすく、グループ交際にもつながりやすいと言えます。

体験談:ニッチな登山婚活に驚くも、交際に発展(あかりさん・29歳)

山ガールなんて感じでライトに登山するのが流行っているころ、友人がそろそろ結婚を考えようよと山コンに誘ってくれたんです。そんなニッチな婚活があるのかとびっくりしながら参加したのですが、参加した男性と登山の話に花が咲き、山ガールのファッションをほめられて盛り上がりました。その後、スムーズに交際に進みました。

登山を通して相手の人間性がわかる

岩山を登山している人々
自然にコミュニケーションが取れる山登りだからこそ、相手の人となりがよくわかります。参加者の登山経験に差があったり、男女で体力に差があったりするので、仲間同士で助け合いが必要です。

参加者の中には、「歩くペースは大丈夫?」などと女性の体力面を気遣ってくれる男性もいるでしょうし、山登りに熱中しすぎる男性や歩き疲れていても明るくふるまう男性もいます。山登りという体力を使う状況だからこそ、ありのままの性格が出てしまうのが登山婚活のおもしろいところです。

また、山登りではすれ違うハイカーにあいさつしたり、ごみを持ち帰ったりするのがマナーです。登山婚活では、何気ない行動から参加している男性が最低限の常識やマナーをわきまえているか確認しやすいので、結婚相手として考えられるかのいい判断材料にもなります。

体験談:命令口調になった男性に興ざめした(ゆりかさん・31歳)

登山というよりは軽いハイキングイベントで出会った男性と話が弾み、そのイベントに参加した友人同士でグループ交際に発展しました。そのグループで近場の山に登ったとき、男性の性格があらわになりました。登山中の私に対する指示がいきなり命令口調になったんです。登山が好きだから厳しくなったのだと思いますが、下山するころにはヘトヘトになって、男性を見る目も冷めてしまいました。

登山婚活に参加するときに気を付けたいこと

トレッキングシューズを履いた足元の写真

登る山のレベルを確認して申し込む

登山婚活で登る山のレベルはイベントによって異なります。初心者でも歩けるコースが多いですが、念のためにイベント内容や参加条件を確認して参加するイベントを決めましょう。

主催会社によって対応は異なりますが、山の難易度や参加できる登山経験の目安を記載してくれている場合があります。山に登りなれている場合は心配ありませんが、登山初体験や数回しか登山経験がない場合は、必ず確認して自分が登れそうな山で開催されるイベントを選んでください。

動きやすい服装で行くこと

婚活だから男性にきれい、かわいいと思われたいという気持ちはわかりますが、登山婚活ではおしゃれを意識しすぎないようにしましょう。山コンを楽しむには、快適に動ける服装が一番です。

特に足元は要注意。トレッキングシューズや運動しやすいスニーカーを選びましょう。ヒールやサンダルは厳禁です。歩きにくい上に山道では危険ですし、さらに男性にTPOに合わせた服装ができない印象を与えてしまいます。

服装は、動きやすいパンツスタイルで、トップスは汗をかいてもすぐ乾くような速乾性の素材がおすすめです。また、山の天気は変わりやすいので、雨具や体温調整できるように脱ぎ着しやすい上着を持っていきましょう。バッグは両手があくリュックサックがおすすめです。

動きにくい服装で山に登ってけがをしてしまうと、自分も周囲も楽しめなくなってしまいます。参加者全員が動きやすさを重視しているので、自分だけ浮いてしまうかもしれないと心配する必要はありません。もちろん、ほかの婚活パーティーに参加するとき同様、清潔感は大切です。髪や肌、爪などは整えて参加しましょう。

準備を整えて登山婚活に参加してみよう

街中で行われる婚活イベントとは違うので、男性への思いやりだけではなく自然への配慮も必要になる登山婚活。女性もマナーを守って登山するように心がけましょう。また、男性に気を遣ってもらうだけでなく、気配りすることも大切です。糖分補給のための飴、もしけがをしたときにさっと出せるように絆創膏を持っていくなど、困った人を助けられるようなアイテムを準備しておくといいですね。