「誰よりも結婚願望があるのに、なかなかご縁がなくて・・・」と悲嘆する毎日にうんざりしていませんか。

婚活がうまくいかない女性たちには、実はある共通した特徴があり、あなたももしかすると、その特徴に当てはまるものを持っているのかもしれません。

そこでここでは、切実に結婚を願っているのに叶わない女性たちの特徴をピックアップ。

結婚したいと思う女性たちに実践してほしい方法や、恋人探しのコツなどをご紹介します。

いい人とのご縁を成就させたいと強く願う女性必見です!

結婚したいのにできない人の特徴

女性3人が腕組をして横に並んでいる

ここでは、なかなかいいご縁に巡り合えないと悲しむ女性によくある特徴を3つピックアップしてご紹介します。

あなたに当てはまるものはありますか?

特徴1.周りが独身だらけ

自分の周辺に独身者が多いと、結婚したいという気持ちはあっても、どこかで「まぁいいや」と諦めモードになりがち。

独り身の友人や同僚がそれなりに楽しそうに生活しているのを見ると、「独身も案外いいのかも」とか「お嫁にいけないのは自分だけじゃないのね」と安心してしまい、モチベーションが下がってしまいます。

特徴2.「恋愛」より「仕事」を取ってしまう

早い人では、新卒入社した数年後、まだ20代のうちに出世を経験する人もいるでしょう。

さらに、アラサーになれば、責任のあるポストを任されたり、辞令によって転勤になったりなど、生活の中心が仕事になる人が多くなります。

恋愛も結婚も諦めたくはないけれど、今何が一番大切かと言われたら「仕事」と答えてしまう人は、「婚活してる!」とは言っても、実際はなかなか本腰を入れられていないのかもしれません。

特徴3.前のめりになりすぎている

一生懸命婚活をするのはいいのですが、あまり必死になりすぎていると周りが引いてしまいます。

たとえば、街コンや合コンなどで、相手の男性が初対面であるにもかかわらず根掘り葉掘り聞いたり、相手をよく知らないのに「すぐ結婚したい!」と連発したりなど、過剰なほどプッシュする女性は、男性に敬遠されてしまいます。

男性から見た、結婚できない理由6つ:相手がいない・プロポーズされない・思い込みが激しい

左ひじをついて困っている女性と対面に座って話しをしている男性

女性が結婚できない理由を、男性はどのように見ているのでしょうか。

まずは3つを挙げ、検証していきましょう。

1.そもそも相手がいない

「理想が高すぎることが災いしている。」(男性・25歳・商社営業)

「『誰でもいい』とか言いながら、かなり厳しく選り好みしているんだと思う。」(男性・30歳・保育士)

お付き合いをしている相手がいない女性は、当然結婚できません。

男性たちが、なぜ女性に交際相手がいないかと考えた時「プライドや求める条件が高いから」だと想像します。

2.プロポーズされない

「付き合っているうちに、男の人に飽きられちゃうんじゃないですか。」(男性・31歳・金融)

「家庭的な一面が見えず、結婚生活を想像できないのかも。」(男性・29歳・不動産営業)

女性に落ち度があるからプロポーズされず、結婚できないと考えられているようです。

付き合っているうちに、女性として、また結婚相手として魅力がなくなると、男性の「プロポーズしたい」という気持ちは失せてしまうんですね。

3.思い込みが激しい

「謙遜しているのかもしれないけど『私なんて』とすぐ否定する女性はなんか嫌です。」(男性・28歳・自営業)

「ちょっとしたことで大騒ぎして落ち込む人は、面倒くさい。結婚してからこっちが苦労しそう。」(男性・33歳・システムエンジニア)

男性は、一緒にいて気分が明るくなれる女性を結婚相手にしたいと思っています。

ですから、何事にも悲観的になるマイナス思考の強い女性は男性に選ばれないのかもしれません。

男性から見た、結婚できない理由6つ:完璧主義・頑固・仕事人間

席に座って絵を描いている女性

引き続き、女性が結婚できないワケとして、男性が考える残りの3つの理由をご紹介します。

4.完璧主義

「何にでも細かい人とは結婚したくありません。」(男性・27歳・公務員)

「元カノの求めるレベルが高く、ついていけなくなったことがありました。」(男性・28歳・食品メーカー研究職)

目指すところが高いことはいいことかもしれませんが、いつでもパーフェクトを求められれば誰でも疲れてしまいますよね。

せめて2人でいる時くらいは安らぎたいというのが男性の本音。

完璧主義の女性は、結婚相手として選ばれないでしょう。

5.頑固

「絶対自分から謝らない、変にプライドの高い女性は好きになれない。」(男性・31歳・サービス業)

「自分の考えを曲げない人は子どもっぽく見えます。」(男性・29歳・ウェブデザイナー)

結婚生活は、相手に歩み寄ることが長く仲良くいるためのコツ。

ですから、頑固で自分のことしか考えていないような人は、結婚相手として見てもらえません。

6.仕事人間

「家でも頻繁に仕事をしていると、わかるけど『おいおい』ってなっちゃいます。」(男性・34歳・看護師)

「デートなのに、会社から持たされたスマホを離さず、いつも気にしている様子。今までで最悪なデートでした。」(男性・31歳・建築デザイナー)

この男性たちの意見は、家庭的な女性が好きと言う証拠かもしれませんね。

仕事に没頭する姿から、家庭に目を向けなさそうだというイメージがわくのでしょう。

結婚したいと思う女性がすべき7つのこと

料理をしている女性1.内面磨きをする

結婚相手として選んでもらえる女性になるには、内側からの美しさを磨くべきでしょう。

自分を卑下せず、自信を持って行動できるような心がけをすることで、あなたが放つオーラや言動に変化が起こり、やがて笑顔や容姿など外見にもいい影響を与えます。

2.料理や家事を得意にする

家庭的な印象は、男性に結婚を意識してもらう重要なきっかけとなります。

ですから、料理や家事など、家のことをそつなくこなすことができるように腕を磨いておきましょう。

3.見た目の女性らしさを心がける

ファッションやヘアに無頓着でいるのではなく、女性らしい柔らかな雰囲気やほんの少しのトレンドを意識して、外見で男性にアピールすることも大切です。

ただし、華美なメイクやヘアで着飾るのは逆効果なので注意しましょう。

4.素直でいること

「でも」「だって」が口癖だと心が歪んでいる証拠。

相手に褒められたら「ありがとう」、何かを指摘されたら「ごめんなさい」と相手の意見を受け入れましょう。

素直さのある女性の行動は、男性に誠実な印象を与えることができます。

5.心を恋愛モードにする

漫画や小説、映画など、恋愛に関するものに日頃から触れるようにしましょう。

「恋をしたい!」という衝動にスイッチを入れやすくしておくことで、自分の婚活に対する姿勢が自然と積極的になります。

6.交際するなら「結婚前提」に限定する

だらだら続く単なる「恋人」として交際するのではなく、はじめから結婚を見据えた交際を目指しましょう。

お付き合いの前に結婚前提であることをそれとなく伝え、その上で交際をスタートさせてくれる人を選ぶのが◎。

短期間で結婚することのできる可能性が一気に高まるでしょう。

7.出会いの場に出かける

合コン、街コン、婚活パーティーなど、出会いを求めてどんどん出かけましょう。

特にアラサーになると自分から縁をつかみにいかなければ、きっと一向に出会いはやってきません。

恥ずかしさやプライドを捨て、自分から積極的に動くことが大切です。

今すぐ結婚相手と出会いたいと思ったら……!

新郎新婦が手を繋いでいる

ここまでの記事を読んで、結婚に対する情熱が高まったという人は、さっそく行動に移しましょう。

結婚相手が身近に見つからないのであれば、自分で出会いの場に赴くことが必要です。

しかし、具体的にどこに行けばいいのか、どうやって婚活を始めればいいのかわからない・・・という人も多いでしょう。

また「婚活をする」ということ自体に抵抗感を覚える人もいるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、「オミカレ」を活用することです。

「オミカレ」は、街コンや趣味コン、婚活パーティーなどの婚活イベント情報をひとまとめにした総合情報サイト。

自分が参加したい場所や日時、内容などの条件を細かく指定することができるので、都合や好みに合わせてピンポイントにチョイスすることができます。

また、初心者のためのハウツーコンテンツや、自分に合った婚活イベントを見つけることができる特集コーナーなど、婚活イベントに初めて参加する人にも安心できる内容が盛りだくさん。

何万件もの情報が随時更新されているので、アクセスするたびにフレッシュな情報に触れられるということも魅力です。

参加予約は、サイトにあるイベントをクリックし、数分で完了するのでとっても簡単です。

あまりにも気軽に婚活をスタートできるので、婚活に敷居の高さを感じていた人は特に驚くかもしれませんよ。

結婚したい気持ちを行動にうつそう!

普段の生活でなかなか出会いが見つけられず、気づいたらいつまでも独りぼっち・・・と焦りを感じている人は多いでしょう。

そんな人こそ、ここに挙げた方法を実践して「結婚したい!」と思う気持ちを行動で示してくださいね。