婚活パーティーで既婚者なのか見分けるポイントと騙されやすい女性の特徴

右に首をかしげて悩んでいる女性 婚活のコツ

婚活パーティーに参加するとき、身分証明などが緩い婚活パーティーだと、たまに既婚者が混じって参加しているときもあります。

もし、既婚者の方であれば婚活は意味がありません。どのように見極めることができるのか紹介していきます。

婚活パーティーで既婚者を見分けるポイントとは?

婚活パーティーで既婚者を見分けるポイント
婚活パーティーは、基本的に独身者のみしか参加できません。
しかし、中には既婚者が独身に成り済まして参加していることもあります。そのため、出会う人の中でも既婚者なのか独身者なのか判断することは大事です。

以下のような人は、既婚者の可能性もあるので用心しておきましょう。

プライベートを隠して教えてくれない

婚活パーティーでは、お相手のことを知るため、プライベートな部分を質問することは自然なことです。プライベートなことは例えば、趣味や休日の過ごし方、自分の好きなことなどです。

お相手も自分のことを知ってもらって好感を抱いてもらうために、プライベートなこともある程度話す意欲を出してくれます。

しかし、既婚者の場合はプライベートな部分を隠して話さないことが多いです。
既婚者の場合、プライベートな部分を話してしまうなら、自分が既婚であることがお相手にバレる可能性を怖がり、積極的に話すことはありません。

例えば、既婚者の場合自分はインドアなのに、休日ハイキングやショッピングなどのアウトドアな行動が多いなら矛盾しています。
この場合、奥さんの趣味に付き合っている可能性もあり、既婚者であることをお相手に勘繰られることになります。

そのため、既婚者はプライベートなことを質問されても、あまり話さず自分に質問ばかりしてくることがあります。話が盛り上がっているのに、お相手のことをよく理解できないなら注意しておきましょう。

連絡を取れる時間が決まっている

連絡を取れる時間帯が決まっている人も既婚者の可能性があります。
連絡時間を限定してくるのは、自分の家族に婚活パーティーに参加したことがバレたくないので、限定してきて浮気がバレないようにします。

連絡時間を限定してくる口実として、例えば「仕事が忙しくて平日は全く連絡できない」「休日も忙しくて夜にしか連絡できない」など連絡頻度を少なくして、かなり限定的にしてきます。
特に、休日に「連絡が取れない」と言ってくるお相手は要注意です。

休日に連絡を取れないのは家族と過ごすことが多いので、連絡を取るのが厳しいからです。
また、平日の夜も連絡を取れない場合、家に家族がいるので返信や電話での対応がうまく行えないので連絡を断ることがあります。

このように連絡の日や時間帯を細かく限定してくるなら既婚者を疑いましょう。

電話やSNSを教えてくれない

婚活パーティーでマッチングしたなら、通常はお相手と連絡先を交換して後日デートを行えるようにします。

しかし、既婚者の場合は電話番号だけでSNSは教えてくれない、またはSNSは教えるけど電話番号を教えてくれないと、連絡方法を教えてくれないことがあります。

電話を教えてくれないのは、自分以外の誰かが対応することを恐れてしまうからです。
もし、自分以外の誰かが電話対応するなら、家族にもお相手にも自分がしたことがバレて大きなトラブルにつながります。
SNSを教えてくれないのは自分のプライベートな情報から身バレすることを防ぐためです。

SNSの投稿写真や検索などで自分が身バレしてしまうなら、既婚者であることがバレてしまい、お相手から責められることになるからです。

そのため、婚活パーティーでマッチングしたのに連絡先を教えてくれないなら、既婚者であることを疑っておきましょう。

指輪の跡が残っていないか

既婚者は、婚活パーティーに参加するとき指輪を外しています。
指輪をはめていることは、自分が既婚者であることを証明するためのものなので、参加者で指輪をはめている人はいません。

しかし、既婚者の場合は左手の薬指に指輪をしていた跡が残っていることもあります。
結婚して長く指輪をはめているなら、外したときにそこの部分だけ白く後が残っており、外した形跡が残ります。

指輪をはめるのが好きな人でも、左手の薬指には指輪をはめることはありません。
そのため、お相手と会話をするときはさり気なくお相手の薬指を確認してみるようにしましょう。

少しでも違和感を抱いたなら、既婚者の可能性もあるので疑って接するようにしてください。

結婚している人に騙されやすい女性の特徴

 結婚している人に騙されやすい女性の特徴

恋愛経験が少ない

男性を見る目が肥えていない女性は、騙されやすいでしょう。

結婚している男性は、一度結婚に成功していることもあり、女性の扱い方が上手な人が多いです。

男性が優しくしてくれると、恋愛に慣れていない女性はすぐに舞い上がってしまい、彼に心を奪われてしまいます。

「早く結婚したい」と焦っている

焦りは、周りの状況を見えなくします。

「結婚したい!」ということばかりに意識が集中すると、そこに向かって勢いよく突き進むばかりに視野が狭くなり、結婚しているサインに気づくことができません。

素直で真面目な性格

男性が示してくれた好意に「応えなきゃ」と律義に向き合おうとする真面目な女性ほど、男性に騙されやすいでしょう。

真面目な女性は、「あまり好きではないな」と思う男性でも、断ると失礼なのではないかと思う気持ちから無下にできず、流されるようにズルズルと関係を持ってしまいがちです。

プライドが高い自信家

自分に自信がある分、「自分の選んだ男性に間違いがあるはずない!」と意見を曲げることができないため、騙され続けてしまいます。

たとえ「騙されているのではないか」と疑念を抱いても、高いプライドが道の修正を阻み、どんどん悪い方へと転がってしまうのです。

婚活パーティーで既婚者の人に惹かれた場合の対処法

婚活パーティーで既婚者の人に惹かれた場合の対処法
婚活パーティーで既婚者の方に出会い、惹かれてしまうこともあります。
ただ、お相手は独身ではないので、既婚者の場合は当然婚活が上手くいくことはなく、時間を無駄にしてしまいます。

婚活パーティーで既婚者に心が惹かれたなら、以下のような対処ができます。

冷静になれるよう感情を抑える行動をする

お相手に心が惹かれている場合、心が高揚して「好き」「この人と付き合いたい」という気持ちが強くなります。そのため「どのようにして相手に好かれるか」ということしか考えられなくなり、今後の展開や周りが見えなくなります。

しかし、既婚者の場合は自分が今後お付き合いできても、結婚できることはありません。
逆に、自分の時間が奪われる結果になり、お相手の奥さんにバレるなら大きなトラブルになることも考えられます。

そのため、一旦冷静になることができるように時間を置くようにしましょう。
自分の心と頭が冷静にすることができるようにして「今後どうすればいいのか?」という点を真剣に考えるようにしましょう。

信頼できる友人や知人に相談するなら、より良いアドバイスをもらうことも可能です。まずは、感情を抑えることを第一にしましょう。

自分の目的を思い出す

婚活パーティーで既婚者に惹かれたなら、自分の目的を思い出すようにしましょう。
婚活パーティーに参加して、お相手を探しているのは自分の結婚相手を探すためです。つまり、マッチングできた人は将来結婚できる可能性がある人と言えます。

しかし、既婚者であれば結婚しているため、目的である結婚にたどり着くことはありません。仮に、お相手が自分と付き合い始めて今の奥さんと離婚したとしても、略奪のような感じになり後味が悪くなってしまいます。

婚活パーティーは自分の結婚相手を探して、理想通りの結婚生活を送れるようにするために参加するはずです。目的を強く意識するなら既婚者への感情も対処することができるでしょう。

トラブルになることを考える

既婚者と付き合うことになれば、トラブルになることも考えられます。
もし、既婚者と付き合うなら浮気に加担していることになります。そのため、お相手の家族にバレた場合は訴えられて裁判になることもあり、慰謝料を請求されることもあります。

さらに、浮気に加担するなら友人や自分の働いている会社にもバレてしまうことがあり、信用を失うこともあります。もし、慰謝料の請求や周りに既婚者との付き合いがバレるなら、自分の生活が悪い方向に変わってしまうこともあるため、気持ちを切り替えるようにしましょう。

婚活パーティーで既婚者に遭遇した女性達の体験談

婚活パーティーで既婚者に遭遇した女性達の体験談

職場に訪れた彼の指には……。(28歳・医療事務)

年上好きなので、年上男性ばかりが集まる婚活パーティーに参加しました。

話しかけてくれた男性の一人に、顔も声も何もかも好みのドンピシャな人がいて、すっかり舞い上がってしまった私。

ある日、偶然私の働く病院に彼が訪れたのを見つけて「○○さん!」と声をかけると、左の薬指に見たことのない指輪がはめられていました。

その時は笑顔でやり過ごしたけど、それ以来会っていません。

彼のウソにまんまと騙された(31歳・受付)

気の合う男性といい雰囲気になった時、彼から「実は、別れたばかりなんだ。」と打ち明けられました。

一瞬戸惑ったものの「ってことは独身?」と自分にチャンスが巡ってきたかのように感じて嬉しかったんです。

しかし後日、彼の写真を友人に見せると「私の知っている人に似てる」と言ったので、スクショを渡して確認してもらうことに。

すると彼は、友人の知り合いの旦那さんで、かなり夫婦円満に過ごしているそうです。

彼のポケットから出てきた「パパへ」の手紙(34歳・航空会社勤務)

爽やかで大手商社勤務と申し分のない条件の彼に惹かれ、1対1でのトークを申し込みました。

会話の途中、彼が「ちょっと飲み物取ってくるね」とハンカチを取り出しながらその場を立ち去った時、ポロリと小さな紙切れが落ちました。

親切心で拾うと、幼い子供の字で「パパへ」と書かれたお手紙。

このことで、子持ちだったことが発覚したのです。

薄暗く、ムードのあるお店だったので、彼は自分の落とし物に気づかなかったのかもしれません。

好青年に見えたのに腹黒かったなんて、本当に自分は見る目がないんだなと落ち込みました。

運命の人か既婚者かしっかり婚活パーティーで見極めよう!

婚活パーティーでの出会いに「運命なのではないか?」と胸が高鳴る人は多いでしょう。

しかし、お相手とは初対面なのですから、彼が未婚か、本当に信頼できるかをじっくり考えてみてください。

この記事を参考に運命の人か偽物かを見極め、素敵な彼を見つけてください。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました