結婚したいのに、お付き合いをしている相手に結婚願望がないことがわかったら、とてもショックです。

今まで彼との付き合いに費やした時間や良好な関係をキープするための努力など、これまであなたが頑張ってきた様々なことが無駄に思えて、むなしくなることでしょう。

このような悲しい気持ちにならないためには、お付き合いをする前の段階で、男性に結婚願望があるかないかを見極めることが大切です。

ここでは、結婚願望がない男性を見抜く4つの方法をご紹介します。

初めから結婚願望がある人を見つけた方がいい理由

カップルが別れる人の考えを変えるのは難しく、時間の無駄になる

本当に結婚を目指すなら、はじめから結婚に対して積極的な男性を見つけることが先決です。

なぜなら、結婚願望のない人を「結婚したい」という思考にチェンジさせるには大変な努力が必要で、努力したからといって必ずしも相手の考えが変わるとは限らないからです。

そもそも、人の考えを変えようなんておこがましいこと。

しかも、結婚に対して消極的な男性の考えは、そう簡単に変わるものではありません。

それどころか、年齢を重ねるほど頑固になり、他人からの意見を素直に受け入れられない人も多いです。

納得のいかないことは、どれだけ熱心に説得されたとしても、簡単に曲げることができないので、時間の無駄になってしまうでしょう。

結婚願望がある人は入籍までがスムーズ

はじめから結婚願望がある男性を選べば、お付き合いも結婚を見据えたものになるので、入籍までの段取りがスムーズにいくでしょう。

結婚するまでには、両家へのあいさつや親族同士の顔合わせ、新居探しや結婚披露宴の準備など、いろいろとやることが多くあります。

結婚に前向きな男性だと結婚準備も積極的に取り組んでくれるので、女性の気苦労が少なく、とんとん拍子で結婚の話しが進みます。

結婚願望がない男性を見抜く方法①仕事面

ゲームのコントローラーを握る男性結婚願望がないから仕事が不安定でも気にならない

結婚願望がない男性は、生活を安定させようという意識が薄く、それが仕事選びにも影響する事があります。

たとえば、ある程度年齢を重ねているのに就職活動せずアルバイトばかりし、雇用形態も収入も不安定なのであれば、結婚願望がないとみていいでしょう。

自己都合で転職を繰り返していると結婚に消極的になる

キャリアアップするための前向きな転職であれば、問題ありません。

しかし、人間関係や業務内容が面倒などの理由で転職を繰り返していれば、結婚願望がないのかもしれません。

いとも簡単に転職をしてしまう男性は、協調性に欠け、何事も自分を優先する傾向があります。

結局どんな仕事をしても続かず、生活が安定しないことから、ますます結婚に対して消極的になってしまうでしょう。

夢追い人は結婚願望が薄い

いつまでも夢を追いかけ続けている男性も、結婚願望が薄い可能性が高いです。

歌手になりたい、お笑い芸人になりたいなど、目指すものがあることは大変素敵なことです。

しかし、叶うかどうかわからない夢にかけ、生活の基盤づくりをおろそかにしていれば、結婚してもきっと女性が苦労します。

いつまでたってもチャレンジばかりを繰り返している人は、結婚して落ち着こうという考えがないのかもしれません。

結婚願望がない男性を見抜く方法②会話内容

カフェで話す男女結婚の話題を避けるのはまだ独身でいたいサイン

20代や30代の男女が一緒にいれば、自然と結婚の話題になるでしょう。

ちょうど20代や30代という年代は、友人の結婚式に参列したり、家族から結婚をすすめられたりと、周りの結婚ムードが高まります。

そのような環境にいながら、2人の間に結婚の話しが出てもスルーし、話題をすり替えて話し合おうとしないのであれば、まだ結婚したくないサインかもしれません。

子どもを嫌がるのは家庭を持つ覚悟ができていない

友人や同僚の子どもを見ても興味や関心を示さない場合、まだあなたとの結婚を真剣に考えていないでしょう。

それどころか、子どもを目の前にして「俺って、子どもが苦手なんだよね」のような発言があれば決定的。

まだ家庭を持ちたくないという気持ちの表れです。

親や兄弟のことを話さないのは今を楽しみたい証拠

結婚は2人だけの問題ではなく、両家の家族とも深く関わりを持つことになります。

お互いが育った環境やそれぞれの家族の話しをすることで、相手に対する理解が深まります。

男性は、結婚したいと思った相手には自分から育った環境や家族の話しをして、知ってもらおうとします。

家族の話題を避けるなら、彼はあなたとの将来よりも、今を楽しむことの方が大切なのかもしれません。

結婚願望がない男性を見抜く方法③環境面

浜辺で向かい合って手を握るカップル男性の周りに独身者が多いなら結婚に抵抗があるかも

男性の周りに独身者が多ければ、遊びに誘ってくれる人も多く、結婚しようという気持ちにならないかもしれません。

しかし既婚者が多ければ、友人と気ままに遊ぶ機会が減ったり、たまに集まっても家庭や子どもが話題の中心になったりして、男性が自然と結婚を意識するようになるでしょう。

既婚者の友人が多い男性は、周りの環境に影響されて、結婚願望を持ちやすいといえるでしょう。

家庭環境が複雑な人は結婚願望の有無が両極端

両親が何度も離婚を繰り返していたり、生い立ちが複雑だったり、不幸な思いをしている場合は結婚にマイナスイメージを持つことが多いです。

結婚することが本当に幸せなのか、家庭を持つことが人生の正解なのかと、明るい未来を想像しづらいので、結婚に尻込みしてしまうのです。

しかし一方で、自身の生い立ちを反面教師とし、自分こそは幸せな家庭を作りたいと結婚を強く望む人もいます。

ひとり暮らしをしている男性の方が結婚に対して現実的

社会人になっても実家に住み続けている男性は、自分の家庭を持つという意識は低い傾向にあります。

また、収入が低かったり職業が安定していなかったりと、独立できずに実家で暮らさざるを得ないのかもしれません。

どちらかというと、ひとり暮らしをしている男性は自立心もあり、ひとりで暮らせるだけの生活力や収入も高い可能性があるでしょう。

ひとり暮らしをしている男性の方が、結婚して2人で新居を構えることに抵抗が少なく、前向きに検討してくれる可能性が高いです。

結婚願望がない男性を見抜く方法④婚活する場所

クラブで乾杯しているトレンドのクラブやバーに集まる男性は結婚願望が低い可能性大

おしゃれなクラブやバーなどのトレンドスポットに集まる人たちは比較的年齢層が低く、「まだまだ結婚なんてしたくない!」と遊び目的で訪れる人が多いです。

ナンパからのお持ち帰りを期待するなど、その日、その場所で楽しく遊ぶことができればいいと、ストレス発散にやってくる人が大半。

結婚相手を探す目的でクラブやバーに訪れる人は、ほとんどいないでしょう。

遊び目的で集まる人が多いスポットでは、結婚願望を強く持った人に出会うのは難しいと考えたほうがいいかもしれません。

婚活パーティーには結婚願望高めな男性が集まりやすい

婚活パーティーに参加するには、エントリーしたり、パーティー前にプロフィールカードを記入したり、いろいろなステップがあります。

クラブやバーのように、行くだけですぐに楽しめるわけではなく、参加までにいくつかの段階を踏む必要があるので、遊び目的の人は煩わしさから参加を敬遠するでしょう。

だからこそ、真剣な出会いを探している人が集まりやすく、結婚に対して積極的な男性との出会いを期待できます。

婚活パーティーや街コンは、特に都市部だと毎日のように開催され、多くの男女が結婚に結び付く出会いを果たしています。

結婚に対して真剣な男性を探すのなら、婚活パーティーへの参加がおすすめです。

自分と同じ考えをもつ相手と恋をするのが結婚への近道

あなたが結婚したいと強く思っているなら、お相手選びの段階で結婚に対して積極的な人を選ぶことが、結婚への近道となるでしょう。

男性の結婚願望を見極めるためのポイントを参考に、ぜひ素敵な出会いを探してください。