夏の婚活パーティーでの身だしなみ


a0003_001870

バーベキューや花火大会、海に山・・・。
何かとイベントの多い夏、婚活で出会った素敵なパートナーと親睦を深めるには良い季節ですね。

そんなわけで気合も入りがちな夏の婚活パーティーですが、暑くて汗ばむこの時期は、身だしなみが第一印象に大きく影響するシーズンでもあります。

どんなにオシャレな服装でも「暑苦しい」のはNG

スーツやジャケットなど、“きちんとした服装”で、“清潔感のある身だしなみ”、というのは多くの婚活サイトで必ずといっていいほど挙げられている注意点ですが、案外見落とされがちなのが“シーズンや天候に合せた洋服選び”ということ。

特に真夏のこの時期、たしかに仕立ての良い、高級そうなスーツを着てはいても、なんだか見ていて暑そう・・・という方をときどき見かけます。

スーツというのは仕事や冠婚葬祭など、案外どこでも通用するので、男性にとって非常に便利なものですが、一方で細かい状況に合せて使い分けをすることに関してはつい無頓着になりがち。

だからこそ“フォーマルでなおかつ清涼感のある着こなし”ができていれば、第一印象で一歩リードすることができるわけです。

個人の好みや、体型とのバランスなどもあるので、一概にこれが正解、という服装があるわけではありませんが、洋服選びについては、周囲の人に意見を聞いてみる、お店のスタッフとよく相談するなど、身近な第三者の目を参考にすることをオススメします。

シャツにも気づかいを

上着を脱いだときにシャツがシワだらけだったり汗ジミができたりしていないか、というのも少し気を付けたいところ。

洋服のセンスよりも、むしろこうした部分で男性の清潔感をチェックする女性も少なくありません。

きちんと糊のきいたシャツを選び、下着や制汗剤などで対策を心がけたいものです。

姿勢やしぐさも大切

さて、パーティーの会場で爽やかな印象を与えるためには、洋服選びにだけ気をつけていればいいというわけではありません。

着ている人自身がけだるそうな話し方や態度をしていては、せっかくの身だしなみも台無し。
背筋をシャンと伸ばして、ハキハキとした受け答えを心がけることをおすすめします。

以上、当り前のようで案外見落とされがちな夏の身だしなみポイント3点。

季節や天候、TPOに合わせた身だしなみに関しては、男性よりも女性のほうが厳しくチェックしていることをくれぐれもお忘れなく。

※いうまでもありませんが、Tシャツや短パンで参加、肩にフケが落ちている、無精ヒゲを伸ばしっぱなし、などは問題外。
それはファッションセンスやノウハウ以前の、「マナー」の範疇ですよ。

リクエストされたアーカイブには何も見つかりませんでした。検索すれば関連投稿が見つかるかもしれません。