街コンとどう違うの?「婚活パーティ」の種類


婚活という言葉が一般的になり、積極的に取り組む人が増えてきましたね。
一口に婚活と言っても、さまざまなやり方があります。「昔ながらのお見合いや結婚相談所はちょっぴり敷居が高く感じるけど、気楽に参加できるカジュアルなタイプの婚活ならやってみたい」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな婚活初心者にも比較的参加しやすい「街コン」やさまざまな「婚活パーティー」についてご紹介します。

「街コン」ってどんなもの?

街ぐるみで行われる合コン「街コン」という言葉が登場したのは、2004年に第1回が行われた栃木県宇都宮市の「宮コン」がきっかけでした。「地域活性化」と「出会い」を組み合わせた画期的なイベントとして注目され、その後全国各地に広まりを見せました。

同性2名以上で1組になって参加している店舗を回り、食事やほかの参加者との会話を楽しむというのが、一般的な街コンの形式です。通常の合コンに比べて参加人数が多いのが特徴で、100名~数千名となる大規模なイベントです。

街コンをきっかけに誕生したカップルがゴールインするケースも見られるようになりカジュアルな婚活として注目する人も増えていますが、目的を婚活に限ったイベントばかりではないので、婚活を目的としていない参加者も少なくありません。

最近では1店舗型で開催したり、1人で参加できるなど様々な形式で開催されています。

「婚活パーティー」の形式はいろいろ!

「婚活パーティー」は、その名の通り「婚活」を目的にした人たちが参加するパーティーです。一般的なパーティー形式以外にも、イベント形式や合コン形式など、さまざまなスタイルの婚活パーティーがあります。

・パーティー形式
婚活パーティーの主流とも言える形式です。参加者同士が順番に一対一で会話をした後、いいなと思った人の名前を紙に記入し、相手のOKが得られた場合にカップル成立になるというのが一般的な流れです。参加人数男女各5名程度の小規模なものから、各50名程度の大規模なものまで、パーティーの規模にもいろいろあります。

・イベント形式
料理やスポーツを一緒に楽しんだり、観光地などへのバスツアーに参加したりといったイベントへ参加を通じて出会いを見つける形式です。また、同じ趣味を持つ人同士を集めた「趣味コン」という形式の婚活パーティーもあります。共通の趣味や話題があるため、初対面の相手でも自然な会話が生まれやすいのが魅力です。

・合コン形式
一般的な合コンと同じように、最初に一対一で自己紹介をした後は参加者みんなでワイワイと会話する形式で行われる婚活パーティーです。連絡先の交換なども自由に行うケースが多いです。また、婚活目的の人に限定した街コン形式で行われる婚活パーティーもあります。

以上、婚活パーティーの種類や特徴などについてご紹介しました。パーティーの形式によって特徴が変わってくるので、まずは自分に合いそうなものを選んで参加してみることをおすすめします。

リクエストされたアーカイブには何も見つかりませんでした。検索すれば関連投稿が見つかるかもしれません。