オミカレ公式インタビュー(2) OTOCON(おとコン) 槙ノ原聖之さん

株式会社パートナーエージェントイベント事業部 槙ノ原聖之さん

おとコンの婚活パーティのコンセプトは?

OTOCON(おとコン)は「本当に結婚したい人のための婚活パーティ」をコンセプトにしています。1年以内に結婚したい、この出会いを最後の恋愛にしたい、と真剣に考えていらっしゃる方が安心して来ていただけるように、必ず結婚を前提とした方を対象にしています。

参加者の方の年齢幅や職業などをパーティごとにセグメントするのも、真剣に結婚に向けた婚活をされている方のため。少人数、1対1でじっくり話せるパーティを基本にしているのも同じ理由です。主催側の都合で考えれば、大人数で開催する方が利益は見込めるのですが、それでは参加者の方がゆっくり話す時間はないですよね。

参加者の方に居心地がいいと感じていただけるような落ち着いたホスピタリティある接客など、サービスの質にもさらにこだわっていこうと思っています。

結婚相談所「パートナーエージェント」の会社がなぜ婚活パーティをはじめたのでしょう?

「おとコン」であれば、会員の方でなくても出会いの場を提供できますし、より真剣に積極的に婚活をしたいという方へ向けて、「おとコン」を通じて「パートナーエージェント」のことを知っていただければという思いで始めました。

もともとはウェディングプランナーになりたかったんですが、当時は男性のプランナーというのはなかなか受け入れられず、軒並み選考で落とされました(笑)。

じゃあその手前の「出会い」を手伝う業界に、と思って唯一採用されたのがパートナーエージェントでした。当時はまだ会社も若く、業界の異端児的存在だったんです。

そんな会社でしたので、社内起業制度というのがありまして、最初は“パーソナルスタイリスト”というビジネスモデルを企画して、そこからいろいろな事業計画を立ち上げてきました。紆余曲折を経て会員様以外にも開かれた婚活パーティ、現在の『おとコン』につながっています。

『おとコン』は2013年に自分ひとりで立ち上げて、最初の1年くらいはひとりで孤軍奮闘しながらやってきました。ビジネスも婚活パーティと同じ、「人との出会いって大事だな」とつくづく実感しましたね。『おとコン』は私にとっては思い入れのある子供のようなものなんです。

データに基づいたパーティづくりをされているとか。

otocon2

そうなんです。おとコンは意外に理系なんですよ(笑)。出会いは偶然ですが、そこに至るまでの確率を上げていくことはできるんじゃないかと思っています。例えば1対1で話すトークタイムは参加人数に関わらず“3分以上8分以下”と決めています。これが初対面の人と話すときに、記憶に残る会話ができて、かつ長すぎると感じさせないための最適な時間なんです。少人数制でフリータイムなし、年齢をある程度区切るなど、現在のパーティの基本要素もこれまでのアンケートなどのデータから作り上げてきたものです。

もちろん最終的に出会えるかどうかは人と人のことなので、そこはコントロールできないんですが……。

槙ノ原さんの考える婚活での秘訣はありますか?

これまでおとコンの婚活パーティを通して何万人もの方を見てきたんですが、これはもう男女問わず「愛きょう」じゃないかと最近思うようになりました(笑)。

というのも婚活パーティって、その場で結婚を決めるものじゃなく「もう1回会いたい」と相手に思ってもらうことがゴールなんですよね。初対面の5分くらいで自分のよさを知ってもらって、次回につなげる。実は高度なプレゼンスキルです。それを補ってくれるのが「愛きょう」なんじゃないかと。そんなのできないよと思われるかも知れませんが、感じのよさってちょっとしたことだと思うんです。すべての人に同じ態度で接するとか、相づち、笑顔、話すときに相手を見るとか。いろいろな婚活パーティに参加するのも経験値が上がっていいと思います!

インタビューを終えて

実はこの取材前日に、おとコンさんのパーティを観察すべくリアルに覆面取材として婚活パーティに参加しました。お会いしたときに報告させていただいたのですが、覆面取材にもさわやかに「ありがとうございます!」と応対していただき「自社でやっているパーティにきちんと自信があるんだな」と信頼度&好感アップでした。ホンキの婚活をお探しの方、おすすめです!

オミカレ公式インタビュー(1) 株式会社リンクストア 代表取締役 河原 翔太さん

【リンクストア】LinkStore 代表取締役 河原 翔太さん

2014年3月、29歳で婚活パーティ企画会社「株式会社リンクストア」を立ち上げたばかりの若手社長・河原 翔太さん。

河原さんは、もともと商社マンだったのですね。なぜ辞めて婚活パーティ企画会社を立ち上げたのですか。

婚活パーティには、仕事で携わるまで一度も参加したことがなかったんです。けれど、起業したいと考えたときに、自分が介在することによってその社会に価値をつけられるような事業を起こしたいと思っていました。そこで思いついたのが、婚活やお見合いといった人と人を繋げる仕事でした。

この業界に入るまでは、みなさんと同じように、どうも全貌の見えない業界だと思っていました。けれど、実際に現場を知るとまったく意識が変わり、「婚活パーティは、こんなに素晴らしいものなのに、どうして社会に浸透しないんだろう」と思ったほどです。また、よく『出会い系』と言われますが、この業界のイメージをもっと健全で明るくしたいと思いました。

まだ始まったばかりの会社ですが、リンクストアの婚活パーティがこれからどんなふうに変わっていくのでしょうか。

僕たちの仕事は、今のところは出会いの場を提供することしかできませんが、参加される方の目標は、結婚などその先にあるのだと思います。

ゆくゆくは各エリアにお客様が気軽に立ち寄れる”場所”を持ちたいと思っております。僕たちがそこにいることでお客様も安心して相談などをしに来やすいですし、やがてそこが出会いの場になると思っています。

よく、バーの世話焼きママが独身同士のお客さんをくっつけたという話を聞きますが、そういう感じでしょうか。

そうそう、そんな感じです! もっとお客様に寄り添っていきたいんです。

パーティは、どのように進行するのでしょうか。

受付の後、プロフィールカードに記入して、それをもとに1対1で自己紹介、途中のフリータイムでお席替えを行い、気になる方3名に連絡先カードを渡して、最後にカップリングカードを記入してカップル成立となります。
異性の方と1対1で数分ずつ自己紹介をしていく際に、相手のプロフィールカードを見ながら話せば話題に困ることはありません。

また、ご自分が話した相手の印象を記入する印象チェックカードにもご記入いただきます。記入は、印象の良さをA・B・Cの3段階でチェックするだけなので簡単です。こちらは、後でスタッフが集計して、フリータイム前に結果をお渡ししますので、「誰が自分のことをいいと思ってくれているか」がわかります。すると、その後のフリータイムで話す相手を選びやすくなりますね。

フリータイムは、どのように過ごせばいいのでしょう。

僕たちのパーティーでいうフリータイムは「どうぞ自由にしゃべってください!」という自由時間ではないんです。まず、女性に目を閉じていただいている間に、男性が話したい女性の前に立ちます。それを男女3回ずつ繰り返します。スタッフがお客様を放っておかないスタイルなので、フリータイムに自分からナンパしたい方にとっては少し退屈かもしれませんね(笑)。

私も含め、ナンパできないからこそ婚活パーティーに参加すると思うので、ぜひフォローしてほしいです。ところで、連絡先カードの交換ですが、ネガティブ思考で言えば、誰もカードを交換してくれなかったら恥ずかしいです。


大丈夫です。男女それぞれ、相手が目を閉じている間に手の上に連絡先カードを置いていただくので同姓にはばれませんし、手の上で重なったカードはスタッフがきれいに整えますので、誰が多い、少ないといったことはわかりにくくなっています。

そのあたりのフォローがうれしいですね。そして、最後にカップル成立がありますが、これが一番ドキドキするように思います。「もし自分だけカップルになれなかったらどうしよう」と。

僕たちのパーティは、「何番と何番がカップルになりました!」という全体発表はせず、本人様だけにお知らせしています。カップル成立はその時のひとつのきっかけであって、1週間後にやはり別の異性がよかったと思い直すこともあるでしょう。そんなときのために、連絡先を交換していただいています。

もし、カップル成立を公表してしまったら、連絡先を交換している他の異性との可能性の芽を摘んでしまいますから。カップルが何人成立するかはそれほど重要ではないんです。この場で出会い、次のステップに繋げることが大切ですから。

確かに、たった数時間では相手のことがわかりませんよね。「カップルにはなれなかったけれど、もし自分のことをいいと思ってくれる人がいたら連絡を取りたいな」と思うこともあるのではないでしょうか。

そんな方のために、アフターフォローとして、パーティー後の深夜0時に弊社ウェブサイトの会員ページから自分を指名した方の番号を無料で確認できるようになっています。もし、その中で連絡先を交換している方がいれば連絡を取るといいですね。もし、連絡先を交換していなかったら、有料で弊社からお相手の了承を得たうえで連絡先をお教えすることもできます。
また、無料で相談にも乗らせていただいています。

私も相談にのって欲しいです!

ぜひどうぞ。予約が必要ですが、例えばパーティ当日に早めに会場に来ていただければ、好印象を持たれる振る舞い方のアドバイスをさせていただきますよ。

インタビューを終えて

自社サイトを管理する河原さん
「もし誰にも相手にされなかったらどうしよう」という婚活パーティに対する不安をしっかり拭い去ってくれた河原さん。これなら引っ込み思案な私でも安心して参加できそう。会場も、デートで使いたいようなおしゃれな場所ばかりなので、どのパーティに参加しようかと選ぶのが楽しいです。